MENU

足がふやけるほどの汗が出るし臭い

足汗が臭い

 

足がふやけるほどの汗が出て、どうすれば良いのか情報を求めいらっしゃるんですよね?

 

その上、ニオイまで酷いと本当に困ってしまいますよね。

 

私も全く一緒でしたので、とてもよく分かりますよ。

 

 

足汗をかくと臭くなってしまうので、本当に困り果ててしまいますよね。

 

 

ただ、誤解してほしくないことが一つだけあって、それは、足の汗自体がにおっているわけではないってことなんです。

 

足の汗腺であるエクリン腺から出る汗は、99%が水で、1%は塩分などのミネラル、そして乳酸などで作られています。

 

汗自体に臭いはありません。

 

 

「えっ!?でも足汗が出ると足が臭くなるけど?」と思われると思います。

 

 

実は、汗は一つの要因なんですよね。

臭いが発生するわけ

 

皮膚には、常在菌が住んでいます。

 

靴の中が蒸れることによって、暖かく住みやすい場所を得るんです。

 

そして、汗や、蒸れることではがれやすくなった古い角質や皮脂はエサに。

 

 

エサは常在菌に取り込まれるときに分解されるのですが、その時に、イソ吉草酸という酸を分泌します。

 

 

この酸が、あの刺激臭を放っているのです。

 

 

住みやすく餌も豊富ですから、常在菌にとって靴の中は、この上ない住みかですね。

 

 

ですから、足汗を抑えることと足を清潔に保つことが、ニオイを出さないことにつながるわけですね。

 

 

では、具体的に、どのように対処していけばよいのかを説明していきますね。

 

靴下で足汗を抑える

あなたは、靴下を履いていても足がふやけてしまうほど足汗が出ていますよね。

 

靴下を変えて見るといいかもしれません。

 

 

足汗が多い場合は、指の間の汗もしっかり吸ってくれる、五本指ソックスがおススメですよ。

 

 

生地は、抗菌防臭効果があり、蒸れない絹(シルク)が良いと思います。

 

制汗剤で足汗を抑える

この方法が、確実な気もしますね。

 

足汗が出なければ最近も増えないし、分解もできませんので、酸が発生されず臭いということは皆無になります。

 

ただし、制汗剤もどれでも良いというわけではなくて、しっかりと止めるという根拠があるものを使うのが良いと思います。

 

 

塩化アルミニウムが配合されたものを使用するのが、一番だといえますね。

 

 

その理由は、日本皮膚科学会が、多汗症治療の選択肢として、第一に塩化アルミニウムを推奨しているからです。

 

皮膚科に足を運んで出してもらってもいいですし、ネット通販で購入するのもいいです。

 

 

靴にも工夫をする

靴が蒸れたままですと、菌の住処になりますし、通気性も悪くなります。

 

汗を引き出してしまうことにもなりますので、2〜3足を代わる代わる使うといいですね。

 

難しいようでしたら、中敷きを換えて、殺菌効果のあるスプレーをするといいですよ。

 

 

中敷きの中で足汗が臭い対策で使えるのは、アシートだと思います。

 

 

使い捨てタイプになります。

 

 

捨てる時に湿っているのが分かるので、足汗をしっかりと取ってくれているのが確認できますよ。

 

 

ミョウバンなどが含まれたものを、使用するのもいいですね。

 

薬用せっけんや水虫用の足洗いソープで殺菌

薬用せっけんや、ブテナロック足洗いソープで洗うのも効果的ですね。

 

 

ブテナロックは水虫対策のソープとして有名ですが、なんていうか、染みついたニオイも取り除いてくれるような感じがあります。

 

 

それほど高いものでもないので、足汗が臭くて悩んでいるのであれば、試してみるべきアイテムだと思います。

 

重曹で足湯

重曹を溶かしたお湯で足湯をしてみてください。

 

 

重曹は弱アルカリ性で、イソ吉草酸は弱酸性なので、相殺されることにより臭いが消えますよ。

 

 

洗面器いっぱいのお湯に、小さじ2〜小さじ3(大さじ1)位の量でOK。

 

 

多分ですが、思っているよりも足汗で足が臭いことに効果があると、あなたは感じるはずですよ。

まとめ

足汗が臭いわけではありませんが、靴の中を高温多湿にするため、ニオイの元になる細菌を繁殖させます。

 

例えば、手汗をいくらかいても、手って足のようなニオイは無いですよね?

 

それは、開放されているので細菌が繁殖しにくいからなんですよね。

 

 

足汗が臭いときの対策は色々ありますが、いちばん理にかなっている方法は止める方法だと思います。

 

 

すごいひどい足汗であったとしても、止めることができれば、靴の中はサラサラで気持ちがいいですし、夏にサンダルやミュールも普通に履けるようになります。

 

臭くなることもないので、1年中快適に過ごすことができますよ。

 

私が使ってみて満足しているのが、先ほども書きましたが、日本皮膚科学会が第一選択としている塩化アルミニウムを配合した制汗剤です。

 

塩化アルミニウムについての詳細は、こちらで確認をしていただければと思います。

 

⇒塩化アルミニウムについての記事はこちらです

 

 

ネットで評判の中敷き(インソール)アシートについての記事はこちらです。

 

⇒アシートの効果や口コミの記事はこちらです

 

 

消臭+除菌の成分であるミョウバンが入った魔法の粉の、フットクリアについての記事はこちらです。

 

⇒フットクリアの成分!足汗とニオイにアプローチする理由とは

 

 

第一選択は塩化アルミニウムですが、日本皮膚科学会がいちばん推奨している治療は、イオントフォレーシスです。

 

⇒イオントフォレーシスについての記事はこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

足汗が臭いのを治す5つの方法とは
足汗が臭いのを治す!そのための方法は5つあります。医療機関での処置です。ただ、残念なことに、メリットやデメリットが存在してしまうんですよね。根本的な治療も、難しいといわれているんですよ。
足汗臭い!靴下も!ニオイを防ぐ方法
足も靴下も臭い。朝出かけて、帰ってきてから靴下をにおうと、あまりに臭いので嫌になってしまいますよね。そんなあなたに、ぜひチャレンジしていただきたい方法があるんです。
足汗を中敷きで対策
足汗がひどいので、中敷きで対策をしようと思われているんですよね。いろんな中敷きがありますが、使い勝手が良い、ピッタリなアイテムを見つけたので報告しますね。
足汗が臭いときに考えられる病気は2つ
足汗が臭いときに考えられる病気は、2つになります。これが分かれば、安心ですよね。
洗っても足が臭いときにするべきこと
洗っても足が臭い時には、洗いかたが足りないというよりも、その前の対策が間違っていると思います。その間違った対策が改善されれば、足がにおうことはありません。