MENU

洗っても足が臭い…。

 

足を一生懸命に洗っているのに、なぜかニオイがとれない。
あまりにも取れないから、なにか病気なんじゃないかなと思われているかもしれません。

 

が、病気で足が臭くなるのは非常に珍しく、原因はそこではない場合がほとんどです。

 

 

 

 

ではいったい、なぜ臭いのが取れないのでしょう。
なぜ洗っても洗っても、足が臭いのでしょう?

大きな理由があった

大きな理由があります。

 

それは、ニオイが落ちにくいということ。

 

足が臭くなる原因はイソ吉草酸が原因なのですが、このイソ吉草酸は、非常に落ちにくいんですよね。

 

ニオイが足に染みつくというか、付着してしまうというか、一度くっついてしまうとなかなかとれない。

 

取れない上に、また同じような生活を続けざるを得ないので、どんどんニオイが蓄積されてしまい、、その結果、とんでもないニオイを発生させてしまうんです。

 

 

 

 

ですから、ニオイを作らないようにするのがベストなわけ。

洗っても足が臭いときに見直すべき2つのポイント

それは、足のニオイを発生させないことと、発生したとしても中和すること。

 

足のニオイを発生させないこと

足のニオイが発生する原因は、あなたの足に住んでいる(誰に足にも住んでいるのですが)常在菌が増えて、イソ吉草酸というニオイを発するからなんです。

 

この菌の数は、個人差がありますし種類がありますし、ニオイの出しかたにも個人差があるため、足が臭い人と臭くない人とが存在してしまうんですよね。

 

 

ただ間違っていただきたくないのは、足が臭くない人でも足をずっと洗わない生活を続ければ当然臭くなるってことです。

 

 

足が臭くなるのに適した環境は、菌が増えやすい環境。
それは、湿度が高くてエサがある環境。

 

すなわち、足が汗で蒸れてしまったり濡れてしまったりして、靴の中の湿度が上がったり、餌となる確執がはがれやすい状態になってしまうと爆発的に増えて足が臭くなってしまうんです。

 

 

休みの日に、部屋の中で裸足でずっと過ごしていたら、夕方になっても足は臭くなりませんよね?
でも、休みの日に、靴やブーツを1日中履いていたら足は臭くなりますよね?

 

では、どうすればいいのでしょうか?
それを解くカギは、汗を出さないようにすること。

 

角質がはがれ落ちるのは止めることができませんが、足汗を止めることはできます。
止める方法は、実はとても簡単。

 

日本で一番信頼できる、日本皮膚科学会が推奨されている方法があるんです。

 

⇒足汗が多いのは多汗症。多汗症治療の第一選択肢はこちらの成分

 

足のニオイを中和すること

足汗を止めるだけでも劇的に改善するのですが、もう一つプラスすることにより、ゆるぎない無臭の足を手に入れることができます。

 

しかもこの方法なら、靴のニオイをも吸い取ってくれるんです!

 

⇒国家資格を持つアドバイザーが監修している恐るべき消臭剤

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

足汗が臭いと思った時の対策まとめ
足汗が臭いので、困っていらっしゃいますよね。仕事中、ずっとやばい感じで過ごされているのではないでしょうか?靴下を脱ぐとふやけているし、踏んだり蹴ったりだと思われていると思います。
足汗が臭いのを治す5つの方法とは
足汗が臭いのを治す!そのための方法は5つあります。医療機関での処置です。ただ、残念なことに、メリットやデメリットが存在してしまうんですよね。根本的な治療も、難しいといわれているんですよ。
足汗臭い!靴下も!ニオイを防ぐ方法
足も靴下も臭い。朝出かけて、帰ってきてから靴下をにおうと、あまりに臭いので嫌になってしまいますよね。そんなあなたに、ぜひチャレンジしていただきたい方法があるんです。
足汗を中敷きで対策
足汗がひどいので、中敷きで対策をしようと思われているんですよね。いろんな中敷きがありますが、使い勝手が良い、ピッタリなアイテムを見つけたので報告しますね。
足汗が臭いときに考えられる病気は2つ
足汗が臭いときに考えられる病気は、2つになります。これが分かれば、安心ですよね。