MENU

塩化アルミニウムの重大な副作用は1つ

塩化アルミニウムの副作用は2つ

 

塩化アルミニウムを使いたいけど、副作用ってどうなんだろう…。

 

けっこう、副作用が強いって情報があるけど、本当なのかな…。

 

 

そんな風に思われて、一生懸命に調べていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

塩化アルミニウムの副作用で重大なのは1つだけ。

 

 

 

それは、刺激性皮膚炎。

 

 

日本皮膚科学会の公式サイトに、しっかりと記載してあるんですよ。

 

外用という手軽さからあらゆる年齢に対応可能であり副作用としては刺激性皮膚炎があるものの,外用の休止や保湿薬,ステロイド外用といったことで継続した加療が可能である.

 

引用元:日本皮膚科学会

 

 

刺激性皮膚炎の症状は、以下の通り。

 

炎症

 

湿疹

 

ヒリヒリとしたり、チクチクとしたり、赤くなったり、ブツブツができたり、かゆくなったりするということですね。

 

必ずしも出るわけではありませんが、濃度が高ければ高いほど、出る可能性が高くなります。

 

あと、皮膚が弱いところ(例えば顔)なども、出る可能性が高くなります。

塩化アルミニウムの副作用を軽減するために

 

塩化アルミニウムの副作用を軽減する方法を、紹介させていただきますね。

 

それは3つ。

 

少なめに塗る

 

塗って1時間たったら、洗い流すか拭き取る

 

起床時に、洗い流すか拭き取る

 

最初は量が分からないので、多めに塗ってしまう可能性があります。

 

すると、当然ですが、副作用が出る可能性が高くなってしまいます。

 

使っていくうちに慣れたという口コミも多数ありますので、最初は、少なめから使うといいですよ。

 

 

「洗い流すと効果が半減するのでは?」と思われるかもしれませんが、それは大丈夫です。

 

有効成分は浸透していますので、1時間も時間をかければ、問題はありません。

 

 

朝も夜も洗い流す必要は無いですよ。

 

どちらかだけでOKです。

 

 

 

それでも出た場合は、日本皮膚科学会のガイドラインに沿って、使用を中止するか、保湿剤を塗るか、ステロイド概要を使うかになるかなと思います。

 

 

使い頻度を、毎日ではなくて1日おきにするというのも、軽減する方法にはなりますが、効果が現れるのが遅くなるので、上記の方法でダメだった場合に、実践してくださいね。

まとめ

塩化アルミニウムの副作用は、刺激性皮膚炎。

 

炎症や湿疹を、起こす可能性は否定できません。

 

ただ、予防する方法や改善する方法もありますからね。

 

塩化アルミニウムの多汗症への効果があるという証拠については、別ページに書いています。

 

⇒塩化アルミニウムが多汗症治療に効果があるという証拠

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

塩化アルミニウムは多汗症に効果あり
塩化アルミニウムは多汗症治療に、非常に効果を発揮します。なぜなら、日本皮膚科学会が推奨しているから。それでは、さっそく、その根拠を示しますね。
塩化アルミニウムで脇和えは止まる!
塩化アルミニウムで、脇汗が止まる確率はかなり高いです。なぜなら、日本皮膚科学会が、その有効性を認めているから。ここでは、塩化アルミニウムで脇汗を止める、効果的な失敗しない使い方を説明しています。参考にしてくださいね!
塩化アルミニウム制汗剤は汗対策の救世主
塩化アルミニウム制汗剤は、汗で悩んでいるあなたの救世主的制汗剤に、なる可能性を秘めています。なぜなら、その効果を日本皮膚科学会が認めているからです。その、証拠をお見せしますね。
塩化アルミニウムが売ってある場所について
塩化アルミニウムに汗を止める効果があると分かり、どこに売ってあるのかなと、場所を調べていらっしゃると思います。簡単に調べる方法がありますので、教えますね。ぜひ、塩化アルミニウムを手に入れて、対策をしてください。
塩化アルミニウムのおすすめはどれ?
塩化アルミニウムのおすすめってあるの?はい。あります。それらの商品は、ネットの口コミサイトでも、非常に人気が高いものになっています。少しでも、あなたの塩化アルミニウム選びの参考になれば幸いです。
塩化アルミニウムは臭いをシャットアウト
塩化アルミニウムは、臭いをシャットアウトしてくれる、魔法の液体です。その効果は、専門医も認めているほど。文献によると、95%の人に効果があったとかないとか…。では塩化アルミニウムでの臭い対策について、詳しく説明していきますね。