MENU

デトランスα手足用は脇に使ってもいいのかな…

デトランスα手足用を脇に使ってもいいの?

 

デトランスα手足用を、脇に使ってもいいのかなって思われていると思います。

 

が、残念ながら、それは止めたほうが良いといえます。

 

 

なぜなら、含まれている塩化アルミニウムの濃度が違うことと、肌を守る成分が異なるからです。

 

【塩化アルミニウム濃度】

 

脇用⇒10.27%

 

手足用⇒25%

 

【肌を守る成分】

 

脇用⇒アルミニウムラクタートが入っている

 

手足用⇒アルミニウムラクタートが入っていない

 

このアルミニウムラクタートとは、塩化アルミニウムが汗腺に蓋をするための角栓を作るときにできてしまう、塩酸を減退させます。

 

塩酸は、肌への刺激になる成分ですので、減退させることにより肌を守るわけですね。

 

 

そもそも、脇と手足というのは皮膚の厚みが違います。

 

厚みが違うということは、刺激に対しての強さが違います。

 

 

 

脇用に作られているデトランスαは、濃度を薄くして、皮膚が薄い脇のために作られています。

 

一方、手足用に作られているデトランスαは、濃度を濃くして、皮膚が厚い手足のために作られています。

 

 

その違いは約2.5倍。

 

料理を作るときに、『大さじ1』なのに大さじ『2.5』を入れるようなものだと思いませんか?

リスクが高すぎる

 

手足に使って効果的だったから、脇にも使えるのかなと思っていると思います。

 

その気持ちは、本当に分かります。

 

 

が、気を付けてくださいね。

 

脇が、とんでもないことになる可能性がありますからね。

 

 

大手の美容外科の『聖心美容クリニック』でも、以下のように喚起されています。

 

※ ローションタイプは、塩化アルミニウムの配合濃度が高いためワキには使用いただけません。/blockquote>

 

リスクを冒してまで、使う必要は無いのではないでしょうか?

まとめ

デトランスα手足用を、脇に使うのはリスクが高すぎます。

 

その理由は、濃度と、成分が違うからです。

 

もしも使いたいと思っても、その気持ちを押し殺して、使うのは止めて下さいね。

 

脇には、脇のデトランスαを使ってくださいね。

 

代用したいと思う気持ちは本当に分かりますが、やばいかなと思います。

 

⇒脇用のデトランスαの公式サイトはこちらになります

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

デトランスαは危険?
デトランスαて危険なの?かゆい、ヒリヒリするなどの口コミがあるけど…。しかもアルミニウムだし…。その疑問に、的確にお答えいたします。これで、デトランスαが危険かどうかの悩みは、解決しますよ。
デトランスα手足用の使い方について
デトランスα手足用の使い方を分かりやすく説明いたします。これで、あなたはデトランスα手足用のマスターになれます。とっていも、難しいことは何もないんですけどね(笑)
デトランスα手足用が効かない?
デトランスα手足用が効かない?せっかく買うのだから効いて欲しい。でも効かない可能性があるのなら、買うのを控えようかと…。確かにおっしゃる通りです。が、少しだけ話を聞いてください。
デトランスα手足用の副作用は大きく3つ
デトランスα手足用の副作用は、大きく3つあります。全く感じない人から、軽度感じる人、耐えられないといわれる人まで様々。では、デトランスα手足用の副作用について説明させてもらいますね。
デトランスα手足用はamazonや楽天では買えない
デトランスα手足用が欲しいと思い、amazonや楽天で探していらっしゃると思います。が、残念ながら販売していないんですよね。デトランスα手足用は、公式サイトでの購入のみになっております。