MENU

イオントフォレーシスは効果ない?

イオントフォレーシスは効果ない?

 

イオントフォレーシスは効果ないって話だけど、実際はどうなんだろうと思って調べていらっしゃると思います。

 

足汗に悩んでいる私も、イオントフォレーシスの効果について気になったんですよね。

 

 

調べた結果、20%の人には効果がないということが分かりました。

 

米国皮膚病学会(AAD)は、この方法が多汗症の人の80%に役立つと推定しています。

 

引用元:Healthline

 

 

日本皮膚科学会では、推奨度がB。

 

この推奨度というのは最高がAなので、一つ下のランクになるんですよね。

 

 

ただし、足汗治療の中で、でも、足汗治療の中で、最も効果があるといわれるランクは、この推奨度Bのイオントフォレーシスになります。

 

 

推奨度Aはありません。

 

そして、イオントフォレーシス以外の治療法は、さらにランクが下の推奨度C1になってしまうんです。

 

 

ちなみに推奨度Bというのは、『行うよう勧められる』というレベルになります。

効果がないのは20%

 

先ほども書きましたが、効果がないのは20%です。

 

 

逆に考えれば、効果が80%もあるということになります。

 

あなたがその80%に入るか入らないかというのは、大変申し訳ございませんが、治療をしてみないと分かりません。

 

 

イオントフォレーシスが合う体質というのが分かればいいのですが、そういったものってないんですよね。

 

 

 

ですから、80%に入ることを期待するしかありません。

 

 

私が住んでいる田舎にもイオントフォレーシスの施術ができるところがあるので、どの都道府県にもあると思います。

 

まずは、効果があることを信じて、足を運んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

イオントフォレーシスの効果ない割合は、たったの20%です。

 

日本皮膚科学会では、足汗治療で、いちばん推奨度が高いのがイオントフォレーシスです。

 

ちなみにですが、イオントフォレーシスを自宅で行うこともできます。

 

その場合、効果を感じない可能性もあるので、試すことに躊躇されるかもしれません。

 

 

が、素晴らしいものを見つけました。

 

こちらに、詳しく書いていますので、お時間があれば読んでくださいね。

 

⇒イオントフォレーシスを自宅で行う

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

イオントフォレーシスを自宅で行う
イオントフォレーシスは自宅で行うことができます。汗対策として、日本皮膚科学会がいちばん推奨している治療法です。自宅で行うためには、イオントフォレーシスの機器を購入する必要があります。
イオントフォレーシスを購入するならこれ
イオントフォレーシスを購入されるのであれば、しっかりとしたものを選びたいですよね。実は、医療先進国ドイツで作られている、医療用としても使われているイオントフォレーシスが、安心して購入できる方法があるんです。
イオントフォレーシスの副作用とは
イオントフォレーシスの副作用は、特にないから安心です。重篤な副作用があれば、治療法として、あまりおすすめができませんが、イオントフォレーシスは、安心安全に治療ができます。
イオントフォレーシスの家庭用を通販で手に入れる
イオントフォレーシスの家庭用を、通販で手に入れるための情報を提供します。
イオントフォレーシスはかゆみを起こす?
イオントフォレーシスは、かゆみを起こす可能性があります。が、それはごくまれなこと。
イオントフォレーシスで感知するの?
イオントフォレーシスは日本皮膚科学会が、手足の治療で、一番効果的といっている方法です。果たして、二度と汗が出ないように、イオントフォレーシスで感知できるのでしょうか?その答えがここにあります。
イオントフォレーシスは子供も可能
イオントフォレーシスは、子供でも可能なので、安心してくださいね。もう、子供が汗で悩むことは無くなります。手をつないだりも、抵抗なく行うことができますよ。
イオントフォレーシスは多汗症治療に効果的
イオントフォレーシスは、多汗症治療の中で特に効果が高いといわれている方法です。その理由について、説明させてもらいますね。
イオントフォレーシスの頻度
イオントフォレーシスの頻度って、いったいどれくらいなのでしょうか?絶大的な効果が期待できるイオントフォレーシス。だからこそ、頻度が気になりますよね。その答えは、ここにありますよ。
イオントフォレーシスのデメリットについて
イオントフォレーシスのデメリットってあるのかな?そんな風にお考えではないでしょうか?ここでは、イオントフォレーシスのデメリットについて、説明をしたいと思います。